スピーカーから音が出ない?

どのような理由でスピーカーから音が出なくなるか

iPhoneにはスピーカーがあり、それを利用することでスピーカーで通話ができ、音楽を聴くことが出来ます。ただ、故障をするとそのようなスピーカーから音が出なくなります。理由は幾つかありますが、例えばソフトウェアなトラブルで音が出なくなることも多いです。
単純に設定がミュートになっていて音が出なくなる事もあれば、ソフトウェアの不具合が原因で音が出なくなることがあるので、その見極めが重要です。ただの設定ミスなら、設定を変えれば音が出るようになりますし、業者に依頼をするお金も勿体ないので、まずは設定から確認していくと良いでしょう。
iPhone修理業者に依頼をする前には、そんな設定項目がおかしくなっていないかも見ると良いです。

本当にスピーカーが故障した場合は業者へ

また音が出なくなってしまった原因が、設定ミスではなく、本当に故障によって音が出なくなった場合はiPhoneの修理業者に出すとプロに修理をしてもらえます。
修理業者では、スピーカーから音が出なくなった原因の調査、そして調査後にスピーカーの修復、必要ならばスピーカー交換まで一貫して行ってくれる事も多いです。
音が出なくなって困っている方も、業者に依頼をすればスピーカーの修理をしてもらい、また購入した時のように音が聞こえるようになります。また、音が出なくなってしまうトラブルの他に、音が汚くなってしまったトラブルや、イヤフォンを接続しても音が出ないトラブルなど、音に関するトラブル全般の修理依頼も専門業者では行っていたりします。

iPhoneのバッテリーはフル充電をせずに、容量の8割程度までに止めて運用することが長持ちさせるコツだと言われています。